Lootで話題の「直コン(Etherscanのコントラクトから直接関数を呼び出す)」を一緒にやってみよう

etherscan-contract-mint-nft

どうも、でりおてんちょーです。

ここ最近、「Loot」というNFTのプロジェクトが爆発的な盛り上がりを見せていますが、みなさんも一度は目にしたこと・耳にしたことがあるのではないでしょうか?

Lootについての解説記事は、以下の記事をご覧ください。

さて筆者が今回取り上げたいテーマは、Etherscanのコントラクトから直接mintをするという行為についてです。

かっこよく、「コントラクトを叩いてmintする」「直コン」などとも言われます。

Loot型NFTの特徴の一つとして『フロント部分(いわゆるwebサイト)が存在しない』が挙げられます。

そのため、ユーザーはLootのNFTをmintしようと思った場合、コントラクトから直接mintする(コントラクトを叩く)必要があります。

でりおてんちょー

ちなみに、Loot以前から直接コントラクトからでないとmintできないプロジェクトもあったのですが、Lootをきっかけに注目されるようになったという印象です。

一般的なNFTプロジェクトの場合、あらかじめwebサイトが用意されていて、ユーザーはそこからNFTを発行・購入するため、あまり日常的にEtherscanのコントラクトから直接mintをする機会はないでしょう。

ということで試しに体験してみようと思ったのですが、残念ながらLootは発表されてからすぐに、総発行数分(一般ユーザーがmintできる枚数分)がmintされてしまい、今はmintできなくなってしまいました。

相棒

コントラクトmint体験してみたかった。

今そう思いませんでしたか?思いましたよね?

そんなあなたにおすすめしたい商品がありまして、それがこちらになります。

はい、こちらは筆者が先日Polygonチェーン上に作成した「LunchBoxLoot」です。

今回「LunchBoxLoot」をおすすめする理由は、『PolygonチェーンでNFTを超安価(1円以下)でmint可能』だからです。

でりおてんちょー

そう、これはEtherscan(今回はPolygonscan)のコントラクトから直接mintしてみたいと思っていた方には、もってこいな企画なのです。

ということで、この記事では

  1. MetaMaskでのPolygonチェーン使用方法
  2. polygonscanを使ったコントラクトmintの方法
  3. コントラクトmintしたNFTを実際に見てみよう
  4. 最後に

という構成で進めていきたいと思います。

この方法を理解することができれば、今後Ethereumチェーン(Etherscan)でもコントラクトから直接mintをスムーズに行えるようになるでしょう。(gas代は全然スムーズじゃないよ)

この記事が、皆さんのNFTへの理解の一助となりましたら幸いです。

※本記事は特定のFT / NFTの購入を推奨するものではありません。あくまで勉強の一環としてご活用ください

目次

MetaMaskでのPolygonチェーン使用方法

既にPolygonチェーンのネットワーク接続が完了している方は読み飛ばしてください。

今回は、PCを使った手順について解説していきます。

STEP
Google拡張機能のMetaMaskをクリックし、下写真ピンク枠の部分をクリック
STEP
下写真ピンク枠の部分をクリック
STEP
それぞれ項目を埋めて「Save」をクリックしたら完了

コピペしやすいように、テキストも添えておきますね。

  • Matin Mainnet(ここは何でも良いです。)
  • https://polygon-rpc.com/
  • 137
  • MATIC(ここは多分自動で入力される)
  • https://polygonscan.com

Polygonscanを使って直接コントラクトからmintする方法

ではPolygonチェーンに切り替えたところで、実際にコントラクトmintを試していきましょう。

なお、超安価とはいえ、mintするためには最低限の「MATIC」が必要になります。

相棒

PolygonチェーンにMATICを持っていなけど、どうしてもコントラクトから直接mintしてみたい!

という、熱い思いをもっている方。

数に限りはございますが、Discordコミュニティ「イーサリアムnavi」の『#📝-記事書いたよ』チャンネルで申請していただければ、gas代分のMATICを支援させていただきます。

やる気はあるけどお金がない方のみ、申請してください。

※追記:好評につきこちらの支援は終了させていただきました

では、本題に入ります。

STEP
「LunchBoxLoot 」のpolygonscanページから、以下写真の緑枠[Connect to Web3]からMetaMaskと連携

このときMetaMaskはEthereumチェーンではなく、Maticチェーンに切り替えておいてください。

STEP
「2. claim」のtokenId (uint256)に、まだ発行されていないIDを入力して『write』をクリック

まだ発行されていないIDを探す方法は

  • OpenSeaの「Search」で適当に値入れてヒットしなければ発行されていないのでmint可能
  • read Contractの「ownerOf」で検索
  • 適当に入力してみる

などがあります。

STEP
MetaMaskの指示通りTx Feeを支払って、approveされたら完了

お疲れ様でした。

mintしたNFTを実際に見てみよう

出典:OpenSea

OpenSeaの使い方はほとんどの人が知っているでしょうから、簡単に説明します。

OpenSeaサイト右上の丸いアイコンにカーソルを合わせ、「MyProfile」をクリックすると、あなたの保有NFTを確認できます。

このように、テキストだけの白黒NFTが表示されていたらmintが成功している証です。よく頑張りましたね!

最後に

Discordメンバーからの嬉しい感想

この記事では、「LunchBoxLoot」を題材に、PolygonチェーンでNFTを超安価にmintしてみる方法について解説しました。

「LunchBoxLoot」をmintしても別に儲かるわけではないですが、『コントラクトを実際に動かしてNFTの発行してみる』ことの楽しさを少しでも体感していただけるかと思います。

最後に、「コントラクトでの直接mint」について

  • 聞いてみたいことがある
  • 分からない部分がある
  • もっと多くの情報が知りたい

という方は、Discordコミュニティ「イーサリアムnavi」にご参加ください!

イーサリアムnaviのDiscordコミュニティには

  • Solidityを勉強したい・既に勉強している
  • 開発に興味がある
  • NFTが好き・興味がある

といった方々がたくさん集まっており、日々NFTや開発に関する情報を共有したり、不定期で勉強会などイベントも開催しています。

また、Twitter・YouTubeでの情報発信にも力を入れていますので、合わせてフォローしていただけると幸いです。


今月のスポンサー:Yay! – WEB3時代のSNS「Yay!」でリサーチャー募集

Yay!

匿名コミュニティYay!がリサーチャーを募集中です。

誰もが素が出せて、フラットで、他人に寛容なバーチャルワールドを作っています。

この冬IEOを目指しています。一緒にサスティナブルな経済圏を作っていきましょう!

励みになるので、よかったらSNSなどでシェアしてください!

この記事を書いた人

最先端のCryptoネイティブなNFTプロジェクト、SolidityなどWeb3開発情報、その他Ethereum周りの情報などを中心に発信しています。

リサーチャーやアドバイザー含むお仕事のご依頼や、イーサリアムnaviに対する広告掲載など、お気軽にご連絡ください。

目次
閉じる