土地は無限・アイテムはオンチェーンでの活動に応じて付与|メタバースとしてのEthereumの視覚化に挑むCryptoネイティブなプロジェクト「Phi」について解説

どうも、イーサリアムnavi運営のでりおてんちょーです。

今回は、「Phi」について紹介・解説していきたいと思います。

読み方は「φ(ファイ)」です。

先日テストネット版がローンチされた本プロジェクトですが、非常に先進的かつCryptoネイティブなプロジェクトとして、グローバル規模で既に高い評価を得ています。

執筆時点ではテストネット版のため、今後大きくUI/UXが変更されたりする可能性はありますが、現時点での情報およびそこから見えてくる新たなメタバース像などについて、解説・考察していきたいと思います。

ということで今回は、執筆時点でテストネット版としてローンチされている「Phi」について取り上げていき、その概要やコンセプトなどを紐解いていくことで、Phiの実態を理解していただくことを目的とします。

でははじめに、この記事の構成について説明します。

STEP
「Phi」とは

まず、執筆時点における公開されている情報をもとに、「Phi」プロジェクトの概要などについて解説いたします。

STEP
実際に「Phi」を触ってみよう

次に、皆様にPhiについての理解を深めていただくことを目的とし、執筆時点でテストネット版としてローンチされている「Phi」について、スクショを交えて始め方・遊び方を解説いたします。

STEP
「Phi」の注目ポイントを解説

最後に、メタバースでありながら土地の販売がない点など、筆者の私見を交えながら注目に値するポイントについて解説いたします。

本記事が、Phiの概要やインターオペラビリティ(相互運用性)の高いメタバース事例などについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

※本記事は一般的な情報提供を目的としたものであり、法的または投資上のアドバイスとして解釈されることを意図したものではなく、また解釈されるべきではありません。ゆえに、特定のFT/NFTの購入を推奨するものではございませんので、あくまで勉強の一環としてご活用ください。

【AD】Nouns DAO JAPAN

Nouns DAO JAPANは世界で一番Nounsを広げるコミュニティを目指します。Discord参加はこちら

目次

「Phi」とは

出典:Medium

概要

出典:Medium

Phiは、ENSドメインとオンチェーンアクティビティから作成されるメタバース系プロジェクトです。

オンチェーンでのアイデンティティを視覚化し、ENSドメインやウォレットアクティビティなどのユニバーサルweb3ビルディングブロックに基づく、オープンで包括的なメタバースランドシステムを作成することを目的としています。

一般的にメタバース空間には、「土地」とそこに置かれる「オブジェクト」が必要ですよね?

多くのメタバース系プロジェクトの場合、これら双方は大きなマネタイズポイントとなるため有限かつ運営主体で販売するモデルになりがちですが、本プロジェクトではそれをおこなわず、

  • 土地:ENSアドレス
  • オブジェクト:オンチェーンでの活動に応じて付与される

となっています。

ENSを用いている理由は、以下です。

なぜENSなのか?ENSは、人々のオンチェーンのアイデンティティに関連する最も分散化された共通の資産だからです。クレイジーで高価なNFTを購入した保有者だけがプレイできる他のメタバースランドNFTプロジェクトのように排他的にしたくありません。web3のメタバースは、より分散化され、すべての人に開かれている必要があると考えています。これが、土地の生成にENSを使用する理由です。

出典:Introducing Phi, Visualizing Ethereum as a Metaverse with On-Chain Activities

また、上記に加えて

  • クエスト:すべてのクエスト(EXPクエストを除く)は、Ethereum Goerli Testnetでの活動状況に基づく
  • ショップ:オブジェクトを購入することができる場所
  • リンク:オブジェクトに対して、URLや他の誰かのENSの土地リンクを貼ることができる機能

といった要素も実装されています。

現状の多くのメタバース系プロジェクトは、各プロジェクト内のデータ(土地など)がサイロ化されてしまい、インターオペラビリティの低いいわゆるWeb2ライクなスペースになってしまいがちです。

中長期でWeb3プロダクトにおいて欠かせなくなってくるであろう「コンポーザビリティ」「インターオペラビリティ」などは、一言でまとめて『ネットワーク効果』などとも言われますが、本プロジェクトではその点を意識/考慮して綿密に設計されており、そこが醍醐味であると筆者は理解しています。

運営メンバー

出典:philand.xyz/team

執筆時点で発表されている運営チームメンバーは、以下です。

実際に「Phi」を触ってみよう

出典:mumbai.philand.xyz

参考:How to play Phi on Polygon Mumbai Testnet

0. 下準備

まずはPhiのテストネット版サイトにアクセスし、右上の「CONNECT」をクリックしてMetaMaskなどウォレットを接続します。

Goerliテストネット上にENSをお持ちの場合は土地画面に遷移しますが、持っていない場合は上画像のように「ENS not found」と表示されます。

すぐにプレイしたい方は、『Get ENS quickly』をクリックすると自動で「〇〇〇〇.phidemo.eth」というENSを作成してくれますので、とりあえず試してみたいという方はこちらからENSを作成してください。

現時点では、MumbaiとGoerliのFaucetがPhiを通して簡単に貰える仕様になっているので必要ありませんが、補足として各Faucetページを掲載しておきます。
・MumbaiテストネットのMATIC入手はこちら
・GoerliテストネットのETH入手はこちら

先々のことを考えて、ご自身のアイデンティティを含めたENSを取得したいという方は、『How to get a new ENS on Goerli』を参考にGoerliテストネット上のENSを取得してください。

『Select your ENS』からご自身のENSを選択し、「CREATE LAND」ボタンをクリックしてください。

1. オブジェクトを獲得

出典:mumbai.philand.xyz

Shopからオブジェクトを購入したり、Questからオブジェクトをclaimすることができます。claimまたは購入されたオブジェクトは、あなたのウォレットに表示されます。ウォレットに表示されたオブジェクトは、「Deposit」ボタンをクリックすることで、あなたの土地を装飾することができます。

ということで、まずは左下にある『Quest』ボタンから、土地に配置するオブジェクトを獲得していきましょう。

上画像にある通り、「ENS Chess Piece」「ETH Motorbike」がclaimできる状態になっているかと思いますので、こちらを順番にclaimしてみましょう。

ちなみに全てのクエストと獲得状況は、Ethereum Goerliテストネットでの活動状況に基づいてclaimできるか否かが判定されています。(ただしEXPクエストは除く)

また今回は導入編ということで省いていますが、『Shop』ボタンから無料でいくつかのオブジェクトを獲得することができます。

リッチな土地にして皆にシェアしたいという方は、合わせてゲットしておくと良いでしょう。

2. オブジェクトの確認とdeposit(預け入れ)

claimしたオブジェクトや購入したオブジェクトは、ウォレットに表示されます。そして、ウォレットからオブジェクトをdepositして、土地の装飾を開始することができます。

先ほどオブジェクトを2種類claimしてみましたが、こちらはそのままでは土地に配置することができず「deposit」をおこなう必要があります。

出典:mumbai.philand.xyz

ということでウォレットマークのアイコンをクリックして、各オブジェクトを『Deposit』しましょう。

Wallet画面では、左上に『Select All』ボタンも用意されているので、たくさんオブジェクトをclaimした後でも一括選択できて便利ですね。

上画像のように、Depositのトランザクションが承認されると、各オブジェクトが土地の上に配置できる状態になります。

3. 土地の編集・保存

あとは、『Edit』ボタンをクリックして編集画面にした後、配置したいオブジェクトを選択して、好きなように土地をデコレーションしていきましょう。

オブジェクトの配置が完了したら、下に表示されている「Save」ボタンをクリックして、トランザクションをconfirmします。

最後に、「BACK」ボタンをクリックして編集モードからビューモードに戻れば、先ほど作成した土地が表示されるようになりました。

先ほどconfirmしたトランザクションがファイナライズされていればセーブされた状態になるので、webサイトをリフレッシュしてもデータが消えず保たれます。

4. ハイパーリンク機能を使う

土地に配置した各オブジェクトをクリックすると上写真のようなオプションが表示されますが、左から「オブジェクトの移動」、「リンクの貼り付け」、「削除(ウォレットに戻す)」を意味しています。

本章では、左から2番目(上写真ピンク枠)の「リンクの貼り付け」について解説いたします。

任意のオブジェクトに対して「リンクの貼り付け」をおこなうことで、インターネットにおける『ハイパーリンク(リンク)』と同じような機能をもたせることが可能になります。

その方法は至ってシンプルで、上写真のようにオブジェクトに貼り付けたい “タイトル “と “URL “を入力し、トランザクションに署名を行うだけです。

今回はテストとして本メディアのリンクを貼ってみましたが、webサイトのリンク以外にも以下のようなリンクを貼ることが可能です。

  • SNSのURL(Twitter・Instagramなど)
  • 誰かの土地リンク(https://mumbai.philand.xyz/[YOUR ENS])

特に、誰か他の人の土地リンクを貼れる点は面白いですね。

本プロジェクトをゲーム/メタバースとして捉えると『世界をワープする』と言い表せますし、哲学/アート的な文脈では『思想の表明』として活用するといったケースも考えられるでしょう。

5. Twitterでシェア

土地の編集が終わったら、上写真ピンク枠の「BACK」ボタンをクリックします。

最後に、上写真のピンク枠のアイコンをクリックすれば、Twitterで土地をシェアすることができます。


以上が、一連の流れになります。

「Phi」の注目ポイントを解説

出典:Medium

以上を踏まえて、最後に筆者の私見を交えながら、本プロジェクトの注目に値するポイントについて解説いたします。

『メタバースとは何か?』

この問いに対する答えは現在各所で模索中の段階であり、明確な定義のようなものは存在しない状況であると筆者は理解しています。

その中でも、執筆時点における一般的なメタバースというのは、3D空間上に構築されていることや、有限かつ固有の土地概念があることなどを中心に展開されている印象です。

しかし、本当にメタバースにおける土地は有限・3D空間である必要性があるのかどうかは筆者は懐疑的であり、その点で「Phi」のモデルは新しいメタバースの可能性を提唱するものではないかと感取しています。

まず第一に、本プロジェクトには有限な土地という概念は存在せず、実質無制限で発行可能、つまり誰でもENSアドレスを取得することで土地を生成することができます。

またENSは、一般的に自分のアイデンティティと紐づけて生み出されるもので、例えば自分の名前やハンドルネーム、プロジェクトの名前などを用いていることが多いでしょう。

これらの意味するところは大きく2つ、以下にあると考えています。

  • 0から生み出された有限・固有な土地(サイロ化した空間)と比較した際のネットワーク効果がはるかに高く、スケールしやすいモデル
  • ENSアドレスの価値を高める可能性を秘めているにもかかわらずその土地を転売しづらい
    (先述の通りENSアドレスはアイデンティティと紐づいているケースが多いため)

概要の項で述べた通り、一般的にメタバースプロジェクトを始めようと思った際に「土地」というのは一つの大きなマネタイズポイントであり、この要素を既存の他プロジェクト(本プロジェクトではENS)のNFTデータを活用しようという発想にはなかなか至らないかと思いますが、これこそがCryptoネイティブな思想であると高く評価されているポイントであると考えます。

また、インターネットにおけるハイパーリンクのように、特定のオブジェクトに対して「誰か他の人の土地リンクを貼れる」要素が実装されています。

これは、サイロ化されたメタバース空間では互換性/標準規格の有無などの面で現状は実現が難しく、ENSアドレスを土地として活用しているからこそ実現され得るものだと考えられます。

ちなみに余談ですが、筆者の尊敬するLootの開発者であるdom氏も、近頃この概念についてCorruption(s*)というNFTプロジェクトを通して実験しています。

昨今ではWeb3プロダクトで重要な要素としてインターオペラビリティ・コンポーザビリティなどが挙げられますが、要は「繋がり」です。

メタバース空間に求められるのは他スペースとの「繋がり」であり、その繋がりによって実現されるスペースを跨いだオンチェーンデータの蓄積。そして、これらを『いかにトラストレスで実現できるかどうか』が、今後中長期で重要になってくると筆者は考えています。

出典:Medium

また、土地の上に載せられるオブジェクトは「オンチェーンでの活動に応じてメタバース空間の中で使用されるNFTが成長していく」という仕組みであり、これはLearn-to-Earn系プロダクト「RabbitHole」に近しい発想とも見て取れますね。

Web2ライクなメタバース空間は構造上どうしても対立構造になってしまいがちですが、Web3ライクなプロダクトというのは協調構造であると筆者は考えており、その点でも本プロジェクトはENSや他DeFiプロジェクト(Uniswapなど)と協調していくモデルです。

またしても余談ですが、CC0 NFTも協調構造になっており、さまざまなコラボやムーブメントが生まれており非常に面白い状況となっています。

以上のような点で、本プロジェクトに対しては新たなメタバースプロジェクトとしての可能性を感じていると同時に、cryptoならではの哲学を体現しているという意味でも非常に楽しみなプロダクトだと筆者は考えています。

まとめ

【AD】GAME OF THE LOTUS PROJECT
でりおてんちょー

「地方創生×NFT」の取り組みとして非常にユニークで面白いと思います。


本記事では、Phiの概要や始め方、また注目に値するCryptoネイティブであるポイントなどについて、私見を交えながら解説しました。

本記事が、Phiの概要やインターオペラビリティ(相互運用性)の高いメタバース事例などについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。

また励みになりますので、参考になったという方はぜひTwitterでのシェア・コメントなどしていただけると嬉しいです。

イーサリアムnaviを運営するSTILL合同会社では、以下などに関するお問い合わせを受け付けております。

  • 広告掲載
  • PR記事の執筆業務
  • リサーチャー業務
  • アドバイザリー業務
  • その他(ご依頼・ご提案・ご相談など)

まずはお気軽に、ご連絡ください。

励みになるので、よかったらSNSなどでシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最先端のCryptoネイティブなNFTプロジェクト、SolidityなどWeb3開発情報、その他Ethereum周りの情報などを中心に発信しています。

リサーチ業務やアドバイザー業務、PRなど含む記事執筆業務などのお仕事のご依頼や、イーサリアムnaviに対する広告掲載などは、お問合せページよりお気軽にご連絡ください。

目次