2024年6月終了のPGN(Public Goods Network)の概要と得られた教訓、Gitcoinの歴史における本プロジェクトの実験価値について

どうも、イーサリアムnavi運営のでりおてんちょーです。

イーサリアムnaviでは、毎日大量に流れてくるクリプトニュースを調査し、その中でも面白いトピックやクリプトネイティブな題材を選び出し、それを分かりやすく読みやすい形でお伝えしています。パラパラと内容を眺めているだけでも、事業やリサーチの新たなヒントに繋がることがあります。世界の最先端では、どのようなクリプトコアな試みが行われているのかを認識するだけでも、 思わず狭くなりがちな視野を広げてくれるでしょう。

今回は、2024年6月に閉鎖予定であることがアナウンスされ注目を集めている、OP StackをベースにしたL2ネットワーク「Public Goods Network(以下PGNと表記)」について解説していきたいと思います。

PGNは、「公共財への持続可能な資金提供」を目指し、将来的には「GitcoinのためのAppチェーンになる」ことを目標に掲げていましたが、技術的および運営上の課題から、徐々にサービスを縮小する方針が発表されました。

筆者個人としては、いつの日か「公共財への持続可能な資金提供を実現するシステム」が確立されることを願い、PGNがその起爆剤となることを期待していたのですが、さまざまな課題により持続困難な状況に陥ってしまったようです。

課題解決のためのアプローチとしては素晴らしい試みであったにもかからわず、なぜPGNが持続可能なシステムを構築できなかったのか、そしてそこから得られる教訓にはどのようなものがあるのか。本記事では、これらについて網羅的に取り上げていくことで、PGNの取り組みを一人でも多くの方に知っていただき、次のチャレンジに繋がる重要な教訓を一つでも得て頂くことを目指します。

また、「失敗」という一般的に腫れ物扱いされやすいテーマとして取り上げ、PGNが果たした役割や、今後のプロダクト開発に必要な心構えについても考察を展開します。

でははじめに、この記事の構成について説明します。

STEP
PGN(Public Goods Network)とは

まずは、PGNとはそもそも何なのか、そして、どのようなスキームで「公共財への持続可能な資金提供を実現するシステム」を構築しようとしていたのかについて、解説します。

STEP
公共財ネットワークPGN、2024年6月閉鎖へ

続いて、公共財ネットワークPGNの閉鎖予定アナウンスの内容を要約し、その要因について一つずつ詳しく見ていきます。

STEP
失敗と学習の交錯:Gitcoinの歴史におけるPGNの実験価値

最後に、「GitcoinのためのAppチェーンになる」ことを目指したPGNが果たした役割を深堀りし、Gitcoinの創設者Owocki氏の反応、PGNの実験価値、そして進歩を促す失敗と学びの重要性について考察を展開します。

本記事が、PGNの概要や閉鎖アナウンスの詳細、そして失敗と学びの重要性などについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

※本記事は一般的な情報提供を目的としたものであり、法的または投資上のアドバイスとして解釈されることを意図したものではなく、また解釈されるべきではありません。ゆえに、特定のFT/NFTの購入を推奨するものではございませんので、あくまで勉強の一環としてご活用ください。

「定期購読プラン」の詳細はこちら

「定期購読プラン」は現在トライアル期間中のため、初月は30日間無料でプランに登録することができます。この機会にぜひお試しいただけると幸いです。

※ 1ヶ月間の無料トライアル期間終了後に、自動的に有料プランへと移行します。
※ 無料トライアル期間中にご解約いただければ、ご利用料金は発生いたしません。

法人プランでは、「ライトプラン」「ベーシックプラン」「プレミアムプラン」の3種類を提供しております。

  • 社内勉強用
  • 企業ニーズに合わせた情報収集
  • スポットコンサルとしての活用

など、各事業者様ごとに特化した「定期購読プラン」+α のパッケージプランとして、幅広い用途でご活用頂いています。


目次

PGN(Public Goods Network)とは

出典:publicgoods.network

概要

出典:publicgoods.network/brandguide

PGN(Public Goods Network)は、EthereumベースのL2ネットワークであり、「公共財への持続可能な資金提供」を目的としています。

将来的には『GitcoinのためのAppチェーンになる』ことを掲げ、低コストで安全、かつ効率的な取引を実現しつつ、公共財の資金調達を促進することを目指していました。

PGNの用途としては、「公共財のために、持続可能で多くの収入源を提供したい場合」に適していると記載されています。

例えば、L2上でdAppsを構築・使用することにより、それを構築する組織やアライアンスに収入が生まれますが、PGNはこの収入の大部分を「公共財の資金」に充てる仕組みを提供します。

つまり、『ユーザーは対象のネットワークを利用するだけで、公共財やそのプロジェクトを支援することになる』という仕組みです。

では、PGNはエコシステムに存在するそれぞれのエンティティに対して、どのようなメリットを提供していたのでしょうか。ドキュメントの内容をもとに簡潔に図解すると、以下のように表すことができます。

まず、ユーザーに対しては、Ethereumのセキュリティを保ちながら、低い取引コスト提供します。また、アプリケーション開発者に対しては、L2のセキュリティ、安定性、拡張性が提供されます。そして、公共財を重視する人々に対しては、追加の財務的コミットメントなしに、公共財への安定した資金提供が可能になります。

詳しくは次章で述べますが、今回サービス終了発表に至った理由について、この3つ目の『公共財に対しての確実で定期的な資金提供』が当初の試算通りにならず、持続困難であったと語られています。

PGNの資金調達方法

PGNがどのようにして、『公共財に対する定期的な資金提供』を実現しようとしていたのか。大きく分けると、「シーケンサー料金」と「CSR(Contract Secured Revenue)」の2つから資金確保しようとしていました。

まず、PGNでは、PGNネットワーク上での取引から生じるシーケンサー料金の大部分を、公共財プロジェクトの資金に充てようとしていました。

また将来的には、PGNはCSRを活用して、開発者の持続可能な収入源をサポートする予定となっていました。

CSRは、「スマートコントラクトの開発者が、ユーザーがそのスマートコントラクトを利用する際に支払う取引料金の一定割合を請求できる」というものです。これにより、PGN上で構築されたdAppsやそれらを利用するユーザーが増えるほど、開発者と公共財のための収益が増加する流れを生み出そうとしていたのです。

なお、ネットワーク立ち上げから6ヶ月後に、シーケンサー料金が評価され、累積データに基づいて公共財プロジェクトへの割り当てが行われる予定となっていましたが、残念ながら次章で詳述するように、2024年6月に閉鎖することがアナウンスされてしまいました。

ということで次章では、公共財ネットワークPGNの閉鎖予定アナウンスの内容を要約し、その要因について一つずつ詳しく見ていきます。


本章の参考資料:
docs.publicgoods.network
publicgoods.network

公共財ネットワークPGN、2024年6月閉鎖へ

アナウンスの内容を要約

出典:gov.gitcoin.co/t/announcing-the-spin-down-of-pgn-eol-june-2024/17430
TL;DR
  1. 閉鎖の背景と決定
    • PGNは、2024年6月に閉鎖予定
    • 「公共財への資金提供目標の達成が困難」との評価に基づき、段階的な縮小が決定された
  2. 技術的および運営上の課題
    • Contract Secured Revenue(CSR)の実装を、Superchain上で単独で実装することは不可能だった
    • Superchainの相互運用性インフラと開発者ツールがまだ開発中であり、小規模なチームにとっては特に困難な環境であった
    • トランザクション量が目標を下回り、十分な収益を生み出せなかった
  3. 閉鎖に向けた今後の展開
    • 閉鎖計画、ユーザーサポートシステムの詳細は近く公開予定
    • 資産引き出しは2024年6月までhttps://bridge.publicgoods.networkを通じて可能

①閉鎖の背景と決定

2023年1月18日に出された「Announcing the spin down of PGN (EoL June 2024)」によると、『公共財への資金提供目標の達成が困難である』との評価に基づき、PGNは2024年6月に閉鎖予定であると発表されました。

また、6月にいきなりクローズするのではなく、今後6ヶ月間で段階的に縮小していく旨が記載されています。

②技術的および運営上の課題

主な閉鎖理由の一つとして、「Contract Secured Revenue(CSR)の実装が技術的制約により不可能になった」ことについても述べられています。

前章で示した通り、PGNにおいてCSRは『PGN上で構築されたdAppsやそれらを利用するユーザーが増えるほど、開発者と公共財のための収益が増加する流れ』を生み出すための重要装置として位置付けられていました。

しかし、CSRはOptimismのSuperchain上で単独で実装できる技術ではないことが判明したため、運営を続けることが困難であると判断したようです。

また、閉鎖に至ったもう一つの大きな理由として、今日までのPGNネットワーク上のトランザクション量が目標を下回り、十分な収益を生み出せなかったことを挙げています。

これに関して、Gitcoinコアチームメンバーのkyle氏は、技術的な実現可能性・ネットワークを運営することの予想以上のコストの高さ・流動性の低さ・基本コンポーネントの欠如などが要因であると同時に、「トークンのエアドロップの約束がなく、他のL2ネットワークよりもトラフィックが少なかった」ことも影響したと言及しています。

derio

確かに、2024年は多くのL2エコシステムでトークン発行イベントが行われるのではないかと期待が膨らんでいる中で、あえてトークンの発行を行わず(「我々はトークンを作りたくなかったし、OPがSuperchainを管理しているから。」と言及)、寄付に特化したプラットフォームに人や資金を集めることは相当ハードルが高かったのであろうと推測できます。

こういった技術的および運営上の課題が蓄積し、『PGNを成功させるために必要な要件と資本は、Gitcoin Foundationだけでは賄えないほど大きい』と判断され、最終的に閉鎖することになりました。

③閉鎖に向けた今後の展開

現在の計画では、PGNは2024年6月にサービス終了する予定であり、その時期が近づいた段階で詳細をお知らせすると述べられています。

また、それまでの間にPGNへのブリッジを無効にし、ユーザーにはPGNから必要なアセットを取り出すことを奨励しています。

資産引き出しは2024年6月までhttps://bridge.publicgoods.networkを通じて可能です。

ただし、「PGNを財政的に支援したい」「ネットワークを引き継ぎたい」という方がいたら連絡を取りたいという旨も同時に記載されているため、そういった方の出現次第ではネットワークが存続する道もあるのかもしれませんが、現段階ではPGNというネットワークは終焉を迎えるというシナリオが濃厚となっています。

最後に、本章の初めに掲載したTL;DRをもう一度貼っておきます。

TL;DR
  1. 閉鎖の背景と決定
    • PGNは、2024年6月に閉鎖予定
    • 「公共財への資金提供目標の達成が困難」との評価に基づき、段階的な縮小が決定された
  2. 技術的および運営上の課題
    • Contract Secured Revenue(CSR)の実装を、Superchain上で単独で実装することは不可能だった
    • Superchainの相互運用性インフラと開発者ツールがまだ開発中であり、小規模なチームにとっては特に困難な環境であった
    • トランザクション量が目標を下回り、十分な収益を生み出せなかった
  3. 閉鎖に向けた今後の展開
    • 閉鎖計画、ユーザーサポートシステムの詳細は近く公開予定
    • 資産引き出しは2024年6月までhttps://bridge.publicgoods.networkを通じて可能

最後に次章では、「GitcoinのためのAppチェーンになる」ことを目指したPGNが果たした役割を深堀りし、Gitcoinの創設者Owocki氏の反応、PGNの実験価値、そして進歩を促す失敗と学びの重要性について、マニアックな考察を「定期購読プラン」登録者向けにまとめています。ご興味あればご覧ください。

失敗と学習の交錯:Gitcoinの歴史におけるPGNの実験価値

出典:Announcing the spin down of PGN (EoL June 2024)

この続き: 2,814文字 / 画像9枚

これより先のコンテンツは、定期購読プラン (初月無料)に登録すると閲覧可能です。
ログイン 今すぐ登録

まとめ

今回は、課題解決のためのアプローチとしては素晴らしい試みであったにもかからわず、なぜPGNが持続可能なシステムを構築できなかったのか、そしてそこから得られる教訓にはどのようなものがあるのか等について解説しました。

本記事が、PGNの概要や閉鎖アナウンスの詳細、そして失敗と学びの重要性などについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。

また励みになりますので、参考になったという方はぜひTwitterでのシェア・コメントなどしていただけると嬉しいです。

イーサリアムnaviを運営するSTILL合同会社では、web3/crypto関連のリサーチ代行、アドバイザー業務、その他(ご依頼・ご提案・ご相談など)に関するお問い合わせを受け付けております。

まずはお気軽に、こちらからご連絡ください。

励みになるので、よかったらSNSなどでシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次