オンチェーン音楽NFTって何?「Arpeggi Studio」の概要と技術的な仕組みを解説

どうも、イーサリアムnavi運営のでりおてんちょーです。

今回は、NFTの新しい活用事例として注目されている「オンチェーン音楽NFT」について取り上げていきたいと思います。

画像や動画をNFT化する事例は国内でも目立ち始めていますが、最近は楽曲データをNFT化する事例も多く出てきています。

そして、今回取り上げる「Arpeggi Studio」は単なる音楽NFTではなく、楽曲/音楽プレーヤー両方のデータごとEthereumブロックチェーン上に格納されている、いわゆるオンチェーン音楽NFTとして注目され始めているプロジェクトなのです。

本記事では、「Arpeggi Studio」を中心にオンチェーン音楽NFTの概要や仕組みなどについて紐解いていき、皆さんにオンチェーン音楽NFTを理解していただくことを目的とします。

でははじめに、この記事の構成について説明します。

STEP
音楽NFT/オンチェーン音楽NFTの違い

一般的な音楽NFTと、今回取り上げるオンチェーン音楽NFTでは何が違うのかについて解説します。

STEP
オンチェーン音楽NFT「Arpeggi Studio」の概要

オンチェーン音楽NFTの代表事例として「Arpeggi Studio」を取り上げ、実際にサービスを触りながら概要を解説していきます。

STEP
全てを「オンチェーン」でやっていることを証明してみよう
  • どのようにして、楽曲/プレーヤーデータをオンチェーンに格納しているのか
  • それらのデータを使って、どうやってユーザーが音楽を聴くことができるのか

について、実際の手順を踏まえながら解説していきます。

本記事が、オンチェーン音楽NFTやArpeggi Studioについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

※本記事は一般的な情報提供を目的としたものであり、法的または投資上のアドバイスとして解釈されることを意図したものではなく、また解釈されるべきではありません。ゆえに、特定のFT/NFTの購入を推奨するものではございませんので、あくまで勉強の一環としてご活用ください。

【AD】Nouns DAO JAPAN

Nouns DAO JAPANは世界で一番Nounsを広げるコミュニティを目指します。Discord参加はこちら

目次

音楽NFT/オンチェーン音楽NFTの違い

音楽NFTとは

一般的な音楽NFTというのは、楽曲/音楽プレーヤー自体のデータが、直接Ethereumブロックチェーン上に格納されているわけではありません。

例えば、OpenSeaの共用コントラクト(「Create」機能)からつくられる音楽NFTも、その一例として挙げられます。

そのため、楽曲/音楽プレーヤーを保管するサーバー等が無くなったりすると、音楽NFTから音楽を聴くことはできなくなってしまいます。

この現象については以下の画像データの記事で詳しく解説しているので、仕組みが分からないという方はご参考ください。

オンチェーン音楽NFTとは

それに対してオンチェーン音楽NFTは、楽曲/音楽プレーヤー自体のデータが、直接Ethereumブロックチェーン上に格納されている音楽NFTを指す言葉として用いられることが多いです。

つまり、特定のサーバー/IPFS等に楽曲/音楽プレーヤー自体のデータが置かれているわけではなく、Ethereumブロックチェーン上に全てのデータを格納しています。

しかし、一体なぜそんなことができるのでしょうか。

Ethereumブロックチェーン上に格納できるデータ容量には制限があることは有名な話で、一説によると画像データの場合、500×500のjpegを直接コントラクトに保存するには、ガス代だけで約5000ドルかかると言われています。

それにもかかわらず、楽曲/音楽プレーヤー自体のデータをオンチェーンに格納するなど正気の沙汰とは思えませんよね。

でりおてんちょー

これに関しては『全てを「オンチェーン」でやっていることを証明してみよう』の項で、後ほど詳しく解説します。

とりあえず今の段階では、

  • 音楽NFT:楽曲/音楽プレーヤー自体のデータをオフチェーンで保持
  • オンチェーン音楽NFT:楽曲/音楽プレーヤー自体のデータをオンチェーンで保持

という違いがあるということを覚えておきましょう。

オンチェーン音楽NFT「Arpeggi Studio」の概要

ではここからは、オンチェーン音楽NFTプロジェクトの「Arpeggi Studio」について、概要から解説していきます。

Arpeggi Studioとは、ユーザーが自分の曲を作曲してEthereumブロックチェーンに直接mintすることができる、ブラウザ上のデジタルオーディオワークステーション(DAW)です。

デジタル・オーディオ・ワークステーション(Digital Audio Workstation、略称DAW)は、デジタルで音声の録音、編集、ミキシング、編曲など一連の作業が出来るように構成された一体型のシステムを指す。

Wikipedia

要は、ブラウザ上で誰でも簡単に音楽をつくることができるプラットフォームです。

楽曲をつくるだけなら誰でも簡単にできますが、NFTとしてmintするためには「Arpeggi Studio Pass」というNFTが必要になります。

音楽NFTとしてmintすると、「Arpeggi Studio Pass」は消費される仕様です。

OpenSeaでの2021年11月20日時点におけるfloor price(最低価格)は0.265ETH

「Arpeggi Studio Pass」は10/20のプレセールで発売されて完売しているため、2021年11月20日時点では二次流通でしか購入することができません。

ユーザーが自分で作曲した曲をオンチェーン音楽NFTとしてmintすると、不変のコピーがコントラクト内に保存され、その作成者が保有します。

そして、これらをサードパーティのストレージや中間管理者を利用せず実現していることも、大きな特徴です。

また、Arpeggi Studioの運営チームは「クリエイターはブロックチェーンのパワーに直接アクセスできるべきだ」という考えのもと、使いやすく、Ethereumブロックチェーンに完全に統合されたクリエイティブなプラットフォームを通じて、アーティストとNFTの世界のギャップを埋めることをミッションとして掲げています。

そのためArpeggi Studioは、誰でも非常に簡単に使用できるよう独自のソングジェネレーターを実装しており、初心者に優しい設計がなされています。

実際に触ってみよう

Arpeggi Studioのサイトから、上写真の画面にアクセスすることができます。

緑色の数字を割り当てている各ボタンの説明を、以下に簡単にしておきます。

  1. 再生/一時停止ボタン
  2. 停止ボタン
  3. 繰り返しボタン(一つのSong Overview番号を繰り返し続ける)
  4. 曲のテンポを調節する
  5. 音のキーを調節する
  6. ランダムに曲を生成するボタン
  7. 作成した曲を削除する
  8. .arp形式で楽曲データをローカルに保存する
  9. .arp形式の楽曲データをローカルから読み込む
  10. SNSなどで作成した楽曲をシェアする
  11. 作成した楽曲をmintする

「誰でも非常に簡単に楽曲を作成できる」というのは、6のランダム生成ボタンを押してみるとお分かりいただけるでしょう。

相棒

これ本当にランダムなの?!

というくらい、完成度が高すぎてテンションが上がります。ぜひ遊んでみてください。

楽曲をつくったり、ローカルに楽曲データを保存することは誰でもできるのですが、11の「Mint Song」ボタンに関しては先述の通り「Arpeggi Studio Pass」というNFTが必要になります。

全てを「オンチェーン」でやっていることを証明してみよう

Arpeggi Studio Genesisは、初のオンチェーン音楽制作プラットフォームです。

Arpeggiの楽曲を再現するためのすべてのデータと命令は、Ethereumブロックチェーン上に存在します。

相棒

どうやってそんなことを実現しているの?

結論から言うと、Arpeggi Studioでは楽曲・音楽プレーヤーのデータを「分割」することによって、必要な全てのデータをEthereumブロックチェーン上に格納することを可能としています。

ここからは、

  • データがどのように分割されているのか
  • ユーザーはどのようにして曲を再現するのか

について、実際の手順を踏まえながら解説していきます。

まずは、Ethereumブロックチェーンから

  • samples
  • scripts

の2つの圧縮ファイル(.zipファイル)を取得する必要があります。

今回はデフォルトでコントラクトに用意されている、サンプル楽曲データを用いていきます。

「samples」を取得するための手順

曲を再生するためのmp3サンプルは、1つの圧縮ファイルとしてパッケージ化され、分割されてEthereumブロックチェーン上のトランザクションデータに格納されています。

まず、ローカルに新規ファイル「samples.hex」を作成し、コントラクトから収集したsamplesの16進数データをつなぎ合わせるための準備をします。

touch samples.hex

次に、EtherscanからコントラクトにsampleCountをクエリします。

Etherscan

この14という数字(0〜13までの数)はサンプルファイルのピースの数であり、それらすべてが必要になります。

STEP
0〜13までのsampleCountを一つずつArpeggiStudioGenesisコントラクトのreadメソッド「_samples」に渡すと、トランザクションハッシュが返されます。
STEP
トランザクションハッシュを使って Etherscan でサンプルトランザクションを見つけます。
STEP
このトランザクションの「Input Data」フィールドを、ローカルの「samples.hex」ファイルの末尾にコピーし、Input Dataの先頭の0xを削除します。

readメソッド「_samples」にsampleConutをプラス1して出力結果をローカルファイルのデータの末尾に追加していき、全てのサンプルデータ(sampleConut 0〜13まで)をコピーするまでこの3つのステップを繰り返します。

最後に、コマンドラインツールを使って、ローカルファイルを16進数からバイナリに変換します。

コマンド例

xxd -r -p samples.hex > samples.zip

「scripts」を取得するための手順

音楽プレーヤースクリプトはJavaScriptで書かれており、こちらも分割してEthereumブロックチェーン上に格納されています。

まず、ローカルに「scripts.hex」という新しいファイルを作成し、コントラクトから収集したscriptsの16進数データをつなぎ合わせるための準備をします。

touch scripts.hex

次に、EtherscanからコントラクトにscriptCountをクエリします。

Etherscan

これはプレーヤースクリプトのピースの数であり、 1つのトランザクション(scriptCount=0のみ)である可能性が高いです。

STEP
0から始まるscriptCountをArpeggiStudioGenesisコントラクトの_scripts readメソッドに渡すと、トランザクションハッシュが返されます。
STEP
トランザクションハッシュを使って、Etherscan でスクリプトトランザクションを見つけます。
STEP
このトランザクションの「Input Data」フィールドをローカルの「scripts.hex」ファイルにコピーし、Input Dataの最初にある0xを削除します。

readメソッド「_scripts」にscriptCountをプラス1して出力結果をローカルファイルのデータの最後に追加していき、全てのスクリプトデータ(今回はscriptCount 0のみ)をコピーするまでこの3つのステップを繰り返します。

最後に、コマンドラインツールを使って、ローカルファイルを16進数からバイナリに変換します。

コマンド例

xxd -r -p scripts.hex > scripts.zip

曲を再生する手順

「samples.zip」と「scripts.zip」を解凍します。

これで曲の再生に必要なデータはすべて揃いました。

あとは、scripts/READMEファイルの指示に従って、曲を再生していくという流れになります。

今回はサンプル楽曲データを使った一例にすぎませんが、以上のような一連の作業をおこなうことによって、Arpeggi Studioの音楽データおよび音楽プレーヤーデータは、全てEthereumブロックチェーン上に格納されていることが分かります。

ちなみに復元後のデータ形式はmp3でした。汎用的なデータファイルなのもポイントアップですね

まとめ

【AD】GAME OF THE LOTUS PROJECT
でりおてんちょー

「地方創生×NFT」の取り組みとして非常にユニークで面白いと思います。


本記事では、オンチェーン音楽NFT「Arpeggi Studio」の概要と技術的な仕組みについて解説しました。

本記事が、オンチェーン音楽NFTやArpeggi Studioについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。

励みになりますので、参考になったという方はぜひTwitterでのシェア・コメントなどしていただけると嬉しいです。

少し前までは、音楽データ/音楽プレーヤーデータは容量が大きくEthereumブロックチェーンに載せることが難しいため、IPFSやサーバー上で管理せざるを得ないと考えられていました。

これは音楽に限ったことではなく、画像データでも同じことです。

しかし、Arpeggi Studioの『データを分割してEthereumブロックチェーン上に格納し、ユーザーは自ら個々のデータを取ってきてローカルで組み立てる』という方法により、サードパーティのストレージや中間管理者をトラストする必要がなくなりましたね。

今後、音楽NFTの活用事例としては実験的なものも含めたくさん出てくると思いますが、やはり最終的にはりパブリックでオンチェーン度の高いNFTが残っていくのではないかと、筆者は考えます。

イーサリアムnaviを運営するSTILL合同会社では、以下などに関するお問い合わせを受け付けております。

  • 広告掲載
  • PR記事の執筆業務
  • リサーチャー業務
  • アドバイザリー業務
  • その他(ご依頼・ご提案・ご相談など)

まずはお気軽に、ご連絡ください。

励みになるので、よかったらSNSなどでシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最先端のCryptoネイティブなNFTプロジェクト、SolidityなどWeb3開発情報、その他Ethereum周りの情報などを中心に発信しています。

リサーチ業務やアドバイザー業務、PRなど含む記事執筆業務などのお仕事のご依頼や、イーサリアムnaviに対する広告掲載などは、お問合せページよりお気軽にご連絡ください。

目次