mfersの概況|創設者が姿を消した後も受け継がれる哲学・そしてコミュニティドリブンな運営までの道のりについて

どうも、イーサリアムnavi運営のでりおてんちょーです。

イーサリアムnaviでは、毎日大量に流れてくるクリプトニュースを調査し、その中でも面白いトピックやクリプトネイティブな題材を選び出し、それを分かりやすく読みやすい形でお伝えしています。パラパラと内容を眺めているだけでも、事業やリサーチの新たなヒントに繋がることがあります。世界の最先端では、どのようなクリプトコアな試みが行われているのかを認識するだけでも、 思わず狭くなりがちな視野を広げてくれるでしょう。

今回は、創設者が姿を消した後もコミュニティドリブンで運営が続けられているCC0 NFTプロジェクト「mfers」について紹介・解説していきたいと思います。

出典:Looksrare

mfersは、CC0ライセンスを採用している点でも興味深い事例なのですが、以下の点でも注目に値するのではないかと考えています。

  • 現在は創設者が姿を消し、全ての権限をコミュニティに委ねていること
  • コミュニティドリブンな運営が現在でも継続されていること

現在は姿を消してしまった創設者のSartoshi氏は、初期の段階からmfers発展のために何かを作成・運営したりする「トップダウン式」ではなく、コミュニティによる「ボトムアップなエコシステム発展」を期待していたように見受けられます。

そして、そのための環境整備が整ったと感じた段階で自分の役目は終わったと判断し、姿を消したのではないかと筆者は推測していますが、ここまでの過程には『中心化 => 分散化』までに必要なエッセンスが多分に含まれていると考えています。

ということで本記事では「mfersの概況」と題し、創設者が姿を消した後も受け継がれる哲学・そしてコミュニティドリブンな運営までの道のりについて、ご紹介並びに解説してまいりたいと思います。

でははじめに、この記事の構成について説明します。

STEP
mfersとは

まずは、mfersというNFTプロジェクトの概要について、簡潔にご紹介いたします。

STEP
創設者と現在の運営|「mfersの創設者が姿を消した」とは

続いて、mfersの創設者が姿を消す前と後の出来事とその背景などについて、解説してまいります。

STEP
mfersの注目ポイントを一部ピックアップ

最後に、mfersというNFTコレクションから注目に値するポイントをいくつかピックアップして、筆者の私見を交えながら解説してまいります。

本記事が、「mfers」の概要や注目ポイント、ボトムアップならびにCC0 NFTプロジェクトとしての成功要因などについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

※本記事は一般的な情報提供を目的としたものであり、法的または投資上のアドバイスとして解釈されることを意図したものではなく、また解釈されるべきではありません。ゆえに、特定のFT/NFTの購入を推奨するものではございませんので、あくまで勉強の一環としてご活用ください。

「定期購読プラン」の詳細はこちら

「定期購読プラン」は現在、トライアル期間を設けているため、初回は30日間無料でプランにご登録いただけます。この機会にぜひお試しいただき、サービスの魅力を体験していただければ幸いです。

※ 1ヶ月間の無料トライアル期間終了後に、自動的に有料プランへと移行します。
※ 無料トライアル期間中にご解約いただければ、ご利用料金は発生いたしません。


目次

mfersとは

出典:unofficialmfers.com

概要

出典:what are mfers

mfersは、総発行数量が10,021個のNFTコレクションであり、パブリックドメイン(≒CC0)を採用しているコレクタブルNFTです。

出典:Etherscan

創設者のSartoshi氏は、Bitcoinを生み出したと言われているサトシナカモトから取ってきたような名前ですが、これは「Satoshi」と、NFTアートの文脈から「デジタルアート(art)」の2つを用いて、組み合わせたものだと言われています。

i needed a name… we all know about satoshi & digital currency…but this was about a foray into digital art…suddenly ‘sartoshi’ was born.

出典:what are mfers

Sartoshi氏は、2021年3月にNFTスペースに参入し、そこから2021年夏の「jpg summer」でCryptoPunksを売買するなどしていた、いわゆるNFTスペースにおける古参の方です。

また、その間に彼はTwitterでたわいもないジョークやmemeのイラスト、時には漫画を書いて公開することもありました。

彼の作品は過去にバズるようなものも何度かあったらしく、その度にフォロワーから「NFTとしてmintするべきだ」と言われていたそうです。

出典:foundation.app/@sartoshi

その後、mfersというNFTコレクションをローンチすることになり、NFTプロジェクトとして誕生しました。

mfersの誕生秘話の詳細は以下で述べられているので、興味のある方はご覧ください:
what are mfers

出典:mfers.art

また、mfers NFTのmintは、こちらのwebサイトを通して1体あたり0.069ETHでおこなわれました。

出典:westcoastnft.com

なおスマートコントラクトの開発は、Doodlesの開発も担いweb3開発パートナーとして有名なWestCoastNFT(WCNFT)がおこないました。

以上のように、mfersというNFTプロジェクトはいわゆる「典型的」なものに見えるかもしれませんが、一つだけ特筆している部分を挙げると『創設者が姿を消した後もコミュニティドリブンな運営が継続されている』ところにあるのではないかと、筆者は捉えています。

次項では、この部分についてピックアップして紹介・解説していきたいと思います。

創設者と現在の運営|「mfersの創設者が姿を消した」とは

続いて、mfersの創設者が姿を消す前と後の出来事とその背景などについて、解説してまいります。

mfersの創設者であるSartoshi氏の失踪とその詳細

2022年6月、mfersの創設者である「Sartoshi氏」がプロジェクトの管理をコミュニティに移し、その後姿を消したことで話題となりました。

彼は最後に、自身の運営するブログで以下の3つのことを言い残しています。

  1. mfersのコントラクトは、最大のロイヤルティシェアと同様にコミュニティに渡る
  2. 6個のmferギブアウェイは、まだ有効(進行中の企画の話)
  3. 最後のアートワークとSartoshiの終わりについて

①については、スマートコントラクトの保有権 (およびそれに付随するすべての権限) が、非公式のmfers マルチシグウォレット [unofficialmfers.eth] に譲渡されるという話です。

ちなみにmfersのトレジャリー資金は、上記のOG(初期)メンバーによってGnosis Safeの非公式マルチシグウォレットで管理されています。

参考:https://unofficialmfers.com/governance/

OpenSeaの二次流通売買時のロイヤリティの一部がこのマルチシグウォレットに送られ、コミュニティ管轄のトレジャリー資金として使用されていくのだと思われます。

出典:OpenSea

また、概要の章で述べた通り、Sartoshi氏はTwitterでたわいもないジョークやmemeのイラスト、時には漫画を書いて公開していました。

その時の作品はクラシックスタイルになりますが、最後に彼はそれを保有したいという人々のために、NFT作品「end of sartoshi」としてローンチしています。

そしてSartoshi氏は、このNFTコレクションのmint期間中に姿を消しました。

その他詳細はこちら:mfers next era & end of sartoshi

現在はSartoshi氏の哲学をもとにコミュニティドリブンな運営がなされている

mfersの創設者であるSartoshi氏は「what are mfers」という記事内で、NFTコレクションの方向性を位置付ける哲学について述べています。

それによると、基本的にはSartoshi氏がmfers発展のために何かを作成・運営したりする「トップダウン式」ではなく、コミュニティによる「ボトムアップなエコシステム発展」を期待していることが見て取れます。

これに関しては後述しますが、現時点で稼働しているmfersのwebサイト・Twitterアカウント・Discordなどは全て「unofficial」という文言が含まれており、コミュニティ内の一部OGメンバーが発足・運営しているものになります。

創設者のSartoshi氏がいなくなった後でも、彼の提唱した哲学を核としてコミュニティドリブンな運営が続けられているという点は、ボトムアップ型NFTプロジェクトの一事例として非常に興味深いものであると筆者は捉えています。

mfersの注目ポイントを一部ピックアップ

最後に、mfersというNFTコレクションから注目に値するポイントをいくつかピックアップして、筆者の私見を交えながら解説してまいります。

コミュニティドリブン/ボトムアップな運営

コミュニティドリブンにボトムアップNFTプロジェクトとして持続的にエコシステムを発展させていくためには、いわゆる典型的なNFTプロジェクトのスタイルでは難しいと筆者は考えています。


この続き: 2,444文字 / 画像6枚

この続きは、定期購読プラン (初月無料)メンバー専用です。今すぐイーサリアムnaviメンバーシップに参加しましょう!
ログイン

まとめ

今回は、「mfersの概況」と題し、創設者が姿を消した後も受け継がれる哲学・そしてコミュニティドリブンな運営までの道のりについて紹介・解説しました。

本記事が、mfersの概要や注目ポイント、ボトムアップならびにCC0 NFTプロジェクトとしての成功要因などについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。

また励みになりますので、参考になったという方はぜひTwitterでのシェア・コメントなどしていただけると嬉しいです。

イーサリアムnaviを運営するSTILL合同会社では、web3/crypto関連のリサーチ代行、アドバイザー業務、その他(ご依頼・ご提案・ご相談など)に関するお問い合わせを受け付けております。

まずはお気軽に、こちらからご連絡ください。

みんなにも読んでほしいですか?
  • URLをコピーしました!
目次