オンチェーン広告|元Facebook社員が立ち上げ、シードラウンドで$7Mを調達。web3スペースにおける広告効果測定の課題を解決する「Spindl」を紹介

今回は、2022年10月に$7Mの資金調達を行い、先日オンチェーン広告&分析プラットフォームの立ち上げを発表した「Spindl」というプロジェクトについて解説します。

Spindlは、web3スペースにおける広告効果測定(アトリビューション)の課題を解決するために設立されました。そんなSpindlが最近、DaylightやSerotonin、Collab.landとのパートナーシップを発表し、注目を集めています。

web3マーケティングにおいて、「広告」というものはあまり機能しないのではないかという意見も見られる中で、なぜ彼らはこのタイミングで「オンチェーン広告」の領域に舵を切ったのでしょうか。

また、オンチェーン広告「Spindl」がどのような仕組みやアプローチで、web3スペースにおける「広告」システムを機能させようとしているのかについても、順を追って詳しく見ていきたいと思います。

でははじめに、この記事の構成について説明します。

STEP
web3スペースにおける「広告」の意義

まずは、web2/web3スペースにおける「広告」の違いについて紐解きながら、web3スペースにおいて「広告」は悪なのかについて考えていきます。

STEP
オンチェーン広告「Spindl」について

続いて、オンチェーン広告「Spindl」の概要や仕様、誕生の背景などについて、図解を交えながら解説します。

STEP
web3マーケティングで「広告」以外に重要なポイントは何か

最後に、「広告」以外にweb3プロジェクトを普及させるために必要な要素について、いくつか列挙しながら考察します。

本記事が、オンチェーン広告「Spindl」の概要や仕組み、web3領域におけるマーケティングなどについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

※本記事は一般的な情報提供を目的としたものであり、法的または投資上のアドバイスとして解釈されることを意図したものではなく、また解釈されるべきではありません。ゆえに、特定のFT/NFTの購入を推奨するものではございませんので、あくまで勉強の一環としてご活用ください。

イーサリアムnaviの活動をサポートしたい方は、「定期購読プラン」をご利用ください。

定期購読プラン」は現在、トライアル期間を設けているため、初回は30日間無料でプランにご登録いただけます。この機会にぜひお試しいただき、サービスの魅力を体験していただければ幸いです。

※ 1ヶ月間の無料トライアル期間終了後に、自動的に有料プランへと移行します。
※ 無料トライアル期間中にご解約いただければ、ご利用料金は発生いたしません。


目次

web3スペースにおける「広告」の意義

さて最近、以下ポストの引用元にある「web3マーケティングとコミュニティに関する10のルール」が話題を呼んでいました。

この投稿では、一つ目のルールとして「stop posting ads(広告をやめる)」と言及されています。

derio

しかし、筆者個人の意見として、実際にはweb3スペースのほぼ全ての活動・事象が、何らかの形で「広告」の性質を帯びているのではないかと考えています。なので、まずはこちらについて説明します。

web3スペースでの活動・事象が「広告」の性質を帯びるとは?

例えば、FarcasterではFrameアプリを通じて、簡単にcast(投稿)内からワンクリックでミントを行うことが可能です。

このプロセスにおいて、紹介者にはミント手数料の一部が付与される訳ですが、これは実態としては「成果報酬型広告」の一形態だと言えます。

これと同じ原理で、DeFiにおけるリファラルリンクも「広告」の役目を果たしています。

XなどでDeFiページのリンクを掲載している人には、自身が招待したユーザーが支払った手数料の一部を受け取ったり、少額の招待報酬を受け取ることができるというインセンティブがあります。

また、最近注目を集めているミームコインも、その価格が話題性によって左右されることから、「アテンションのバロメーター」として機能しています。

例えば、イーロン・マスク氏がDogecoinに関するツイートをすると、その価格が上昇することはよく知られています。実際、彼がX上でDogecoinのAI生成画像を投稿した際には、$DOGEの価格が8%上がったという報告もあります。

イーロン・マスク氏が$DOGEを保有しているかは不明ですが、もし仮に保有していた場合、自身のポートフォリオが向上するというインセンティブがあるため、広告案件として頼まれなくてもDogecoinを宣伝する動機が彼にはあることになります。

derio

こうした一部の事例からも分かるように、web3スペースでの活動・事象の多くは「広告」の性質を持っており、アテンション経済の重要な要素として考えることができます。

web3スペースにおいて「広告」は悪なのか?

さて、冒頭で「stop posting ads(広告をやめる)」と書かれたツイートを紹介しましたが、ここで投稿者が言いたいのは、web3スペースにおいて「広告」が必ずしも悪いものであるとは限らない、ということだと個人的に解釈しています。

要するに、web3スペースでプロダクトを宣伝する際には、従来のような直接的な広告ではなく、自然な形で宣伝することが重要だということです。

例えば、web3での活動の多くが実質的に広告的な性質を帯びていることを活用したり、最終章でも述べるようにKOL(キーオピニオンリーダー)や共生マーケティングを利用することで、広告に対する抵抗感を減らしつつ、web3カルチャーに適した形式で、より効果的にプロダクトを宣伝することができます。

web2/web3スペースにおける「広告」の違い

ところで、web2スペースにおける「広告事業」で成功を収めている代表例として、Google(Alphabet)やMetaが挙げられます。

GoogleやMetaのような大企業は「広告」に依存しており、広告収入から莫大な利益を得ています。実際、Googleの売上の約4分の3は広告事業によるものであり、Metaの売上の約96%は広告収入から得られています。

データ参照元:https://newcommerce.ventures/column/1434/

これらの企業は、何十億ものユーザーを抱えており、そのユーザーデータを活用して非常に精密なターゲティング広告を提供することが可能です。そのため広告主にとっては、正確なターゲティングができるため、投資対効果が高くなります。

また、Googleの検索エンジンやGmail、MetaのFacebookなどは、基本的にエンドユーザーが無料で利用できます。そのため、事業者側としては、運営費用を広告収入で賄わなければならないというビジネスモデルになっています。

一方、執筆時点におけるweb3プロジェクトの多くは、既存の「広告システム」に頼らないアプローチを取っています。一体なぜなのでしょうか。

考えられる要因はいくつかありますが、まず現状では「精密なターゲティング広告を提供することが難しい」ということが挙げられます。

また、それに加えて、web3スペースではユーザーと開発者の多くが「トークンホルダー」としてネットワークの成長に参加するという、web2スペースとの構造上の違いが挙げられます。

derio

「トークン」の誕生による構造の変化により、広告に依存せずともトークンがセルフマーケティングの役割を果たすため、既存の「広告システム」に頼る必要性がそれほどないのです。

要するに、コミュニティがトークンを保有して、web3プロジェクトとの利害関係を持つことで、それを自ら広めたいと思うインセンティブがはたらき、web2スペースで繰り広げられているような「広告」に頼らないモデルが確立されていると考えられます。

「web3×広告」領域で資金調達

そんな中、あえて「オンチェーン広告」の領域に挑み、資金調達も実施しているweb3プロジェクトが存在します。それが今回ご紹介する「Spindl」です。

出典:https://icoanalytics.org/projects/spindl/

2022年10月、Spindlというweb3マーケティング企業が、「web3スペースにおける測定とアトリビューションのための新しいプラットフォーム」として、シード資金調達を発表しました。この資金調達ラウンドで、Spindlは総額$7Mを獲得しています。

この投資ラウンドを主導したのはDragonfly CapitalとChapter Oneで、さらに、Multicoin CapitalやPolygon Ventures、Solana Ventures、元Coinbase CTOのBalaji氏、FarcasterのDan Romero氏など、多くの著名な投資家もこのラウンドに加わりました。

この資金調達により、Spindlはweb3の世界で重要なアトリビューション問題を解決し、持続可能なユーザー獲得経済の実現を目指しています。

derio

そして先日(2024年5月22日)、DaylightやSerotonin、Collab.landとのパートナーシップを発表し、オンチェーン広告プラットフォームの立ち上げをアナウンスしました。

web3領域において「広告は必要ない」という風潮がある中で、なぜ彼らがオンチェーン広告システムを構築しようとしたのか、そしてそれが既存のweb3スペースをどのように変革していくのかについて、本記事では詳しく探ります。

以上を踏まえて次章では、オンチェーン広告プラットフォーム「Spindl」の概要や誕生の背景、使用するメリットやアーキテクチャなどについて、詳しく見ていきたいと思います。そして、最後の章では話を広げて、web3マーケティングで「広告」以外に重要なポイントについて考えていきます。

オンチェーン広告「Spindl」について

出典:https://www.spindl.xyz/

概要

Spindlは、web3スペースにおける広告システムを提供し、さらにアトリビューション(※)やアナリティクス、顧客基盤などを、全て一箇所で管理することができる、オールインワンのプラットフォームです。

(※)マーケティングや広告において、顧客が製品やサービスを購入する際に、どのような経路や要素がその決定に影響を与えたかを分析・評価すること

Spindlでは、従来のCPM (cost per mille / 1,000インプレッションあたりのコスト)モデルとは異なり、オンチェーンでのコンバージョン(NFTのミント・トークンスワップなど)に対してのみ広告費用を支払うモデルを採用しています。

derio

つまり、「オンチェーン×成果報酬型広告」の位置付けのプロダクトになります。

出典:https://www.spindl.xyz/

また、広告をオンチェーンで出稿できるだけではありません。

「Spindl」を使うことで、広告主・紹介者・アトリビューションプロバイダーを結びつけ、以下をはじめとする測定ができる分析ツールとしても活用することができます。

  • web3プロダクトのユーザーが、どの流入経路からやってきたのかを追跡する
  • 流入したユーザーがプロダクト内でお金を使ったのか、ヘビーユーザーとして定着しているのか調べる
  • 過去24時間にNFTをミントしたユーザーや、特定の価格で取引を行ったユーザーを絞り込む

このように、web3スペースにおける広告システムを提供することに加え、アトリビューションやアナリティクス、顧客基盤などを全て一箇所で管理することができる、web3事業者向けのオールインワンSaaSを提供します。

なお執筆時点では、Spindl社が唯一のアトリビューションプロバイダーとなっていますが、将来的には他のアトリビューションプロバイダーもネットワークに参加できるように開放予定となっています。

これにより、多様なアトリビューションプロバイダーが競争し、より多くの広告主と紹介者が恩恵を受けられる環境を構築することを目指しています。

ちなみに、Spindlは現在トークンを発行する計画はないそうですが、将来的には考慮する可能性があると言及しています。

使用チェーン

Spindlは特定のブロックチェーンに依存しておらず、広告主がイベントの追跡・支払いを希望するブロックチェーンを選択することが可能です。

執筆時点ではEthereumやBaseなどを含め、多くのEVM互換チェーンに対応しています。

メリット

Facebookの元社員で、現SpindlファウンダーのAntonio Garcia Martinez氏は、Spindlを採用することで、広告収益が発生してから着金に至るまでの資金の流れを透明かつ公平にしながら、プライバシーも保護できると述べています。

例えば、web2スペースにおける広告システムのように個人情報を使用する必要がなく、公開されているオンチェーン取引データのみを利用するため、ターゲティング精度を向上できると主張しています。

なお、広告自体は従来通りオフチェーンで提供されますが、広告主はスマートコントラクトを通じて資金を送金し、アトリビューションプロバイダーがオンチェーンデータを確認して販売に結びついた場合にのみ、資金が公開される仕組みになっています。

では、具体的にどのような仕組み・アーキテクチャを通して、Spindlが提唱するメリットを実現しようとしているのでしょうか。以下にスライド1枚で分かりやすくまとめました。


この続き: 6,056文字 / 画像5枚

この続きは、定期購読プラン (初月無料)メンバー専用です。今すぐイーサリアムnaviメンバーシップに参加しましょう!
ログイン

まとめ

今回は、オンチェーン広告「Spindl」がどのような仕組みやアプローチで、web3スペースにおける「広告」システムを機能させようとしているのかなどについて解説しました。

本記事が、オンチェーン広告「Spindl」の概要や仕組み、web3領域におけるマーケティングなどについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。

また励みになりますので、参考になったという方はぜひTwitterでのシェア・コメントなどしていただけると嬉しいです。

イーサリアムnaviを運営するSTILL合同会社では、web3/crypto関連のリサーチ代行、アドバイザー業務、その他(ご依頼・ご提案・ご相談など)に関するお問い合わせを受け付けております。

まずはお気軽に、こちらからご連絡ください。

みんなにも読んでほしいですか?
  • URLをコピーしました!
目次