【Solidity】Loot型のNFTをつくってみよう!〜手順や注意点を解説〜

how-to-create-loot-nft

どうも、イーサリアムnavi運営のでりおてんちょーです。

今回は、筆者が先日Polygonチェーン上で初めてコントラクトをデプロイしたので、その手順やメモなどについてまとめていきたいと思います。

でりおてんちょー

筆者がつくったLoot型NFTのmint方法は、こちらの記事にまとめました。

筆者もまだSolidityを勉強し始めて日が浅いのですが、今回紹介するLootのような「文字列だけでSVG形式のNFT」は比較的つくりやすく(本家をコピーしやすく)、スマートコントラクト初心者の最初のデプロイに適している題材かと思います。

  • Solidityを勉強しているけどデプロイはやったことない
  • 具体的にどんな手順で進めるか細かく知りたい
  • つまづいた箇所と解決策をシェアしてほしい

といった方々に役立つかと思いますので、ぜひご参考ください。

相棒

Lootって何ですか?

という方は、まず以下の関連記事を見て概念を理解してから取り組まれることを推奨いたします。

※本記事は一般的な情報提供を目的としたものであり、法的または投資上のアドバイスとして解釈されることを意図したものではなく、また解釈されるべきではありません。ゆえに、特定のFT/NFTの購入を推奨するものではございませんので、あくまで勉強の一環としてご活用ください。

2021年1月20日追記:
現在のSolidity開発のトレンドは、TruffleではなくHardhatを使用したものへと変わってきています。
合わせてこちらの記事もご参考いただけると幸いです。

【AD】Nouns DAO JAPAN

Nouns DAO JAPANは世界で一番Nounsを広げるコミュニティを目指します。Discord参加はこちら

目次

はじめに

開発の目的

今回の開発は、Solidity初心者がコントラクトファーストデプロイとしてLoot型のNFTをつくり、Solidityやコントラクト、デプロイまでの一連の流れの理解を深めることを目的とします。

そのため本記事では、Ethereumチェーンのgas代高騰対策(コスト削減)として、Polygonチェーンへデプロイします。

基本方針

基本的には、本家Lootのコントラクトをコピペして、自分でアレンジしたい箇所に関してのみ変更を加えていく方針です。

テスト環境はPolygon Testnet (mumbai)を使用し、本番環境はPolygon Mainnetを使用します。

また今回は、今流行りのHardhatではなく、Truffleを使用します。

補足ですが、細かいコントラクトの解説(Loot.sol, ERC721.sol, …etc)については、以下の関連記事などをご参考ください。

開発環境

どこまで書けば良いのか分かっていないので、足りていない箇所やそれ要らないといった箇所があればご指摘いただけますと幸いです。

  • macOS Big Sur バージョン:11.6
  • Visual Studio Code バージョン:1.61.2
  • npm バージョン:6.14.13
  • その他(↓)

Loot型NFTをつくる手順の解説

下準備編

まずは、お好きな場所にディレクトリ(ここでは「LunchBoxLoot」)を作成して移動し、Truffleプロジェクトを初期化します。

$ mkdir LunchBoxLoot
$ cd LunchBoxLoot
$ truffle init

後ほどご自身のPolygonアカウントをtruffleから参照するために、

$ npm install @truffle/hdwallet-provider

でパッケージ「@truffle/hdwallet-provider」もインストールしておきましょう。

ターミナルの基本的な使い方は以下の記事が参考になるので、必要な方はご活用ください。

続いてVSCodeで「LunchBoxLoot」を開き、contractsディレクトリに.solファイル(「ここではLunchBoxLoot.sol」)を作成して開きます。

ここまでで一旦下準備は完了です。

本家Lootのコードをコピーしよう

EtherscanでLootのコントラクトを開いて、「Contract Source Code (Solidity)」を全コピーし、LunchBoxLoot.solに全ペーストします。

本当はコントラクトごとにファイルを分けた方が良いかもしれませんが、今回は気にせず、とりあえずデプロイまでもっていくことを最優先します。

各所必要なところを変更していく

2行目

*Submitted for verification at Etherscan.io on 2021-08-27

「2021-08-27にEtherscan.ioで検証のために提出されました。」となっているので、「2021-08-27」の部分をデプロイする日付に変更します。

追記:
ここはPolygonscanにコードを載せたときに、Polygonscanが「この日にコードが載せられたよ」と追記するものなので、この行自体が不要なので削除してOKみたいです!(残しておいてもまあ問題ありません。)

1291行目

コントラクト名をLootからLunchBoxLootに変更します。

1293〜1467行目

string[]の変数名、及び中身の文字部分を、それぞれ好きなものに変更します。

1473〜1503行目

get関数名や、その一部中身を変更します。

筆者はここを直し忘れてデプロイしてしまいましたが、一度デプロイすると直せないので猛省しました。

1529〜1557行目

ここの関数名も直しておきましょう。

Command +F(Windowsの方はControl + F)で元の関数名(getWeaponなど)や元の変数名(weapons)をサーチして直していくと、ミスが防げて良いですよ。

一応チェックワードリストも貼っておきますので、必要に応じてご活用ください。

// chest
// head
// waist
// foot
// hand
// neck
// ring
// Armor

1602行目

筆者は

constructor() ERC721("LunchBoxLoot", "LUNCHBOXLOOT") Ownable() {}

に変更しましたが、2つ目の"LUNCHBOXLOOT"に関しては10文字以内の方が後々都合が良いので、10文字以内にしておくことを推奨します。

その他

でりおてんちょー

他にも、コメントアウトされている部分だったり、ディスクリプション部分も直す必要がありますが、各自で見つけて直してみてください!(投げやり)

Polygon Testnet (mumbai) にデプロイする手順

下準備

まずは下準備から。

MetaMaskにデプロイ用アカウントを作成して、以下サイトからMumbaiを調達します。

「Wallet Address」にデプロイ用アカウントのaddressをコピペして、Submitを押して成功すれば0.1MATICが送られてきます。

ネットワークは、イーサリアムメインネットからMumbaiに変更しておきます。

  • ネットワーク名:Mumbai
  • 新規 RPC URL:https://matic-mumbai.chainstacklabs.com
  • チェーン ID:80001
  • ブロック エクスプローラーの URL (オプション):https://mumbai.polygonscan.com/

truffle-config.jsの書き換え

次にtruffle-config.jsを、以下のように書き換えます。

const HDWalletProvider = require('@truffle/hdwallet-provider');
const fs = require('fs');
const mnemonic = fs.readFileSync(".secret").toString().trim();

module.exports = {
  networks: {
    development: {
      host: "127.0.0.1",
      port: 7545,
      network_id: "*",
    },
    matic_testnet: {
      provider: () => new HDWalletProvider(mnemonic, `https://matic-mumbai.chainstacklabs.com`), //404Errorとかが出る時はhttps://〜のネットワークを変えると上手くいったよ。
      network_id: 80001,
      confirmations: 2,
      timeoutBlocks: 200,
      skipDryRun: true
    },
    matic_mainnet: {
      provider: () => new HDWalletProvider(mnemonic, `https://matic-mainnet.chainstacklabs.com`),
      network_id: 137,
      confirmations: 2,
      timeoutBlocks: 200,
      skipDryRun: true
    },
  },

  // Configure your compilers
  compilers: {
    solc: {
      version: "0.8.0"
    }
  }
}

コメントアウト部分は筆者がメモで残しているだけなので、消していただいても結構です。

.secretファイルを作成

LunchBoxLootディレクトリのルート(ターミナルでpwdしてLunchBoxLootの状態)に.secretというファイルを作成し、その中にデプロイ用アカウントの秘密鍵をコピペして保存します。

$ touch .secret

ちなみに、誤ってGitHubなどにアップロードしてしまうとWallet内の資産を全部抜かれたりOwner権を失ってしまうので、扱いには十分気をつけましょう!!

.gitignoreで指定しておくことが大切ですが、筆者はよく分かっていないのでそもそもGitHubなどにアップロードしないようにしています。

コンパイルやデプロイのテスト

Polygon Testnet (mumbai) にデプロイする前に、コンパイルやデプロイのテストをやっておきます。

  • 既にmigrationsディレクトリにある1_initial_migration.js
  • 既にcontractsディレクトリにあるMigration.sol

を削除して、以下のコマンドを実行します。

$ truffle create migration LunchBoxLoot

成功すると、1634219486_lunch_box_loot.jsのようなファイルが作成されるので、以下のように書き換えて保存します。

const LunchBoxLoot = artifacts.require("LunchBoxLoot"); // requireの引数はコントラクト名
module.exports = (deployer) => {
  deployer.deploy(LunchBoxLoot);
};

LunchBoxLootと書かれた箇所は、ご自身のものに変更してください。

テストネットへデプロイ

以下コマンドで、Polygon Testnet (mumbai) にデプロイします。

$ truffle migrate --network matic_testnet

エクスプローラーで確認

デプロイが成功したら、以下のmumbaiテストネットのエクスプローラーで確認してみましょう。

補足: 後ほど使うPolygonメインネットのエクスプローラー(↓)

Polygonscanにコードを登録する手順

でりおてんちょー

スクショを撮り忘れてしまったので、自分が参考にした以下サイトの「Ethescanに登録」の段落から、手順に沿って進めてみてください。

Etherscanになっていますが、これを

にそれぞれ変えて同じ手順で進めればOKです。

でりおてんちょー

筆者は最後のところで以下のようなErrorが出ましたが、ソースコードを貼る際右上にある「Optimization」をNoからYesにしたらSuccessしたので共有しておきます。

追記:
ソースを乗せるときのOptimizationの「No/Yes」とRuns(Optimizer)ですが、本来は、自分がコンパイルした時の設定と同じ値を設定するものだそうです。なので、自分がどのような設定でコンパイルしたのかを把握しておいて、その値を入れてください。(truffleを使っている場合は、truffle-config.jsの中に記載している)

Compiler debug log:
 Error! Unable to generate Contract ByteCode and ABI
 Found the following ContractName(s) in source code : Address, Base64, Context, ERC165, ERC721, ERC721Enumerable, IERC165, IERC721, IERC721Enumerable, IERC721Metadata, IERC721Receiver, LunchBoxLoot, Ownable, ReentrancyGuard, Strings
 But we were unable to locate a matching bytecode (err_code_2)
 For troubleshooting, you can try compiling your source code with the Remix - Solidity IDE and check for exceptions

NFTをmintしてOpenSeaで確認

Polygonscanにコードを登録できたら、「Contract」に緑のチェックマークがついて、誰でもコントラクトのコードを読んだり、public関数・external関数を呼ぶことができるようになります。

デプロイしたコントラクトからNFTをmintするには、今回は「2. claim」にtokenIdを入力してWriteします。

こんな感じでテストネット版OpenSeaで表示されれば、テスト環境での一連の作業は終了です。お疲れ様でした。

Polygon Mainnetにデプロイする手順

大まかな流れはテストネットと同じなので、同じように進めていただければ問題ないはずです。

ここでは、注意点・筆者がつまづいた点などに特化して解説していきます。

メインネットへデプロイ

まず前提として、ここでは

  • テストネットへのデプロイ
  • メインネットへのデプロイ

は、同じアカウント(同じ秘密鍵)を用いておこないます。

では、MetaMaskのネットワークを「Matic Mainnet」に切り替えましょう。

  • Matin Mainnet(ここは何でも良いです。)
  • https://polygon-rpc.com/
  • 137
  • MATIC(ここは多分自動で入力される)
  • https://polygonscan.com

続いて、以下コマンドでメインネットへデプロイします。

$ truffle migrate --network matic_mainnet

デプロイが成功したかどうか、Polygonメインネットのエクスプローラー( Polygon (MATIC) Blockchain Explorer)で確認します。

Polygonscanにコードを登録

でりおてんちょー

筆者の場合は、テストネットでも出てきた以下のようなErrorが、メインネットでも表示されました。

Compiler debug log:
 Error! Unable to generate Contract ByteCode and ABI
 Found the following ContractName(s) in source code : Address, Base64, Context, ERC165, ERC721, ERC721Enumerable, IERC165, IERC721, IERC721Enumerable, IERC721Metadata, IERC721Receiver, LunchBoxLoot, Ownable, ReentrancyGuard, Strings
 But we were unable to locate a matching bytecode (err_code_2)
 For troubleshooting, you can try compiling your source code with the Remix - Solidity IDE and check for exceptions

いろいろググって解決した方法は、以下2つの方法でした。

  • ソースコードを貼る際右上にある「Optimization」をNoからYes
  • 以下画像のようにRuns(Optimizer)を200から1000に変更

これによりコードの登録ができたので、メインネットでもPolygonscanからNFTをmintして、OpenSeaで表示させることができました。

追記:
ソースを乗せるときのOptimizationの「No/Yes」とRuns(Optimizer)ですが、本来は、自分がコンパイルした時の設定と同じ値を設定するものだそうです。なので、自分がどのような設定でコンパイルしたのかを把握しておいて、その値を入れてください。(truffleを使っている場合は、truffle-config.jsの中に記載している)

まとめ

【AD】GAME OF THE LOTUS PROJECT
でりおてんちょー

「地方創生×NFT」の取り組みとして非常にユニークで面白いと思います。


本記事では、PolygonチェーンでLoot型NFTをmintできるコントラクトを、デプロイする手順やメモなどについて解説しました。

筆者自身もまだまだ初心者ではありますが、この記事で少しでも理解を深めていただけたのであれば幸いです。

また、間違っている箇所やわかりづらい箇所などありましたら、ご指摘いただけますと助かります。

Errorの内容は開発環境などによっても変わってきますので、表示されたError内容をコピペして、まずはググってみることを推奨します。

イーサリアムnaviを運営するSTILL合同会社では、以下などに関するお問い合わせを受け付けております。

  • 広告掲載
  • PR記事の執筆業務
  • リサーチャー業務
  • アドバイザリー業務
  • その他(ご依頼・ご提案・ご相談など)

まずはお気軽に、ご連絡ください。

励みになるので、よかったらSNSなどでシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

最先端のCryptoネイティブなNFTプロジェクト、SolidityなどWeb3開発情報、その他Ethereum周りの情報などを中心に発信しています。

リサーチ業務やアドバイザー業務、PRなど含む記事執筆業務などのお仕事のご依頼や、イーサリアムnaviに対する広告掲載などは、お問合せページよりお気軽にご連絡ください。

目次