【イーサリアムnavi’s キュレーション|3月29日(金)】「Degen Chain」について/ミームコイン進化論:起源から未来への展望について…など

イーサリアムnavi’s キュレーションは、日々の気になるニュース・面白かったニュースレター記事などを、イーサリアムnavi独自の視点で月に15〜20本程度お届けするサービスです。

2024年3月29日(金)のキュレーションリストは以下です。

  1. 「Degen Chain」について
  2. ミームコイン進化論:起源から未来への展望について
  3. 「ミームコイン・スーパーサイクル」について
  4. Ethereumのスケーリングに関する最新の進展について by Vitalik
  5. Vitalikが、ミームコインのポジティブな可能性とそのcrypto空間への貢献について語る

なお、ここに掲載したもの以外にも、日々多くの情報ソースや見解などをDiscordコミュニティの方で発信しています。興味がある方はぜひご参加いただけますと幸いです。

※本記事は一般的な情報提供を目的としたものであり、法的または投資上のアドバイスとして解釈されることを意図したものではなく、また解釈されるべきではありません。ゆえに、特定のFT/NFTの購入を推奨するものではございませんので、あくまで勉強の一環としてご活用ください。

目次

① 「Degen Chain」について

Introducing Degen Chain」という記事では、Degenコミュニティ向けのL3発表について書かれています。

この記事では、Degen Chainの発表とその特徴、Degenコミュニティに提供する新しい可能性について紹介されており、昨今話題の$DEGENがチェーンを作るのか!ということで一部で話題になっています。

記事によるとDegen Chainは、Arbitrum Orbit、Base、AnyTrustを基盤とした超低コストのL3で、コミュニティトークン$DEGENをガス代として使用すると書かれています。

Degen Chainは、特定のコミュニティとそのトークンのために構築された最初のL3の一つであり、今後はチップ機能やコミュニティリワード、支払い、ゲームなどの新しい実験が可能になるそうです。

以前、Farcasterの記事でも書きましたが、$DEGENの盛り上がりがFarcasterエコシステムの盛り上がりの大きな要因にもなっていると個人的に見ているので、今回のDegen Chainの導入がDegenコミュニティにとって新たな章の始まりを意味し、ブロックチェーン技術を使ったコミュニティドリブンな実験と革新をさらに推進することに繋がるのではないかと期待しています。

② ミームコイン進化論:起源から未来への展望について

1kxが、「A Brief History of Memecoins: Their Past and Future」という記事を投稿しました。

簡単に要約するとこの記事では、インターネット文化とデジタル通貨の融合としてのMemecoinsの歴史と将来について述べられています。

例えば、ミームコインはマイナーが新しいコインを採掘し、販売するためのリソースを割り当てたProof-of-Workから始まり、Ethereumの登場によってICOブームを経て、DeFiとNFTの新たな次元へと進化したなど、その歴史について概観されています。

そしてその上で、特にDogecoinのような初期の成功例をはじめとして、多くのMemecoinが現在高い評価を受けていますが、その投機的な性質と高リスクを理解することが重要であることも述べています。

また最後に、新しい技術や文化のトレンドに基づき、ミームコインは今後も進化し続けることが期待されると結論づけています。

VCや著名インフルエンサーがミームコインについて言及することが増えてきましたが、一時期のLootのようなムーブメントをERC-20トークンでやろうとしているように個人的には感じている為、このムーブメントについては情報を追っておいた方が良さそうだと考えています。

③ 「ミームコイン・スーパーサイクル」について


この続き: 1,500文字 / 画像3枚

この続きは、定期購読プラン (初月無料)メンバー専用です。今すぐイーサリアムnaviメンバーシップに参加しましょう!
ログイン
みんなにも読んでほしいですか?
  • URLをコピーしました!
目次