話題のL2『StarkNet』を無料で体験してみよう!ウォレット「Argent X」の作り方とAMM「mySwap」でスワップ・流動性提供する方法を解説

どうも、でりおてんちょーです。

今回は、いま話題となっているEthereumチェーンのL2ネットワークで稼働する「StarkNet」を、無料で体験してみたいと思います。

先日、Lootverseプロジェクトの記事で取り上げたRealms (for Adventurers)も、StarkNet上にMMOCCG(大人数同時参加型オンチェーンコンポーザブルゲーム)「Settling of the Realms」を構築中です。

でりおてんちょー

今後も、さまざまなプロジェクトがStakNet上に乗ってくるのではないかと期待されるため、筆者も今の段階からテストネット含めさまざまなアプリケーションを触って知識経験を蓄えておきたいと考えています。

そんなStarkNetですが、執筆時点ではテストネット上で2つのAMM(Automated Market Maker)

  • mySwap
  • JediSwap

がローンチされています。

AMMの細かい解説は省きますが、Ethereumメインネット(L1)における代表的なAMM「Uniswap」のようなアプリケーションというイメージで差し支えありません。

しかし、これらのStarkNet上のアプリケーションを体験するために、

相棒

そもそも何から始めれば良いの?

と思われる方もいらっしゃるでしょう。(筆者自身もそう思いました。)

結論から申し上げると、まずはEthereumチェーン上のdappsを触る際に使用している「MetaMask」のような、StarkNet上のアプリケーションを触る(トランザクション生成する)ためのウォレットが必要になります。

ということで本記事では、まずStarkNet上のアプリケーションを触る(トランザクション生成する)ために必要なウォレット「Argent X」の開設をおこない、その後StarkNet Testnet上のAMM「mySwap」を使ってみながら、ZK-Rollupの「StarkNet」についての理解を深めていくことを目的とします。

本記事が、StarkNet・Argent X・mySwapなどについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立てれば幸いです。

※本記事は特定のFT / NFTの購入を推奨するものではありません。あくまで勉強の一環としてご活用ください

今月のスポンサー:Yay! – WEB3時代のSNS「Yay!」でリサーチャー募集
目次

StarkNetとは?

出典:starknet.io

概要

StarkNetは、パーミッションレスの分散型ZK-Rollupで、Ethereumチェーン上でL2ネットワークとして動作しています。

執筆時点におけるStarkNetのエコシステムはまだ非常に初期の段階ですが、プロジェクトは開発され続けており、新しい機能実装なども日々進められている、そういった状況にあります。

故に、本記事の情報がすぐに古くなってしまうかもしれませんが、新しい情報が更新され次第リライトしていきたいと思います。

また、StarkNetは現時点ではStarkWare社主導で運営されていますが、2022年内にはコミュニティ運営への移行も実現予定となっているそうで、今後の展開にも注目です。

でりおてんちょー

本記事では、StarkNet / ZK-Rollup あたりの詳しい解説は割愛しますが、以下筆者が参考にした記事・動画を載せておくので、各自必要であればご参考ください。


また、L2BEATによると執筆時点におけるStarkNetのTVL(Token Value Locked)は0となっていますが、その理由は「メインネット上にブリッジ機能が実装されていないから」だそうです。

出典:l2beat.com

ブリッジの仕組みについてご存知ない方は、この機会に以下の記事も合わせてご参考ください。

「Argent X」ウォレットの作り方

出典:argent.xyz

まず、StarkNetでdAppsを使うためには、Chrome拡張ウォレット「Argent X」を入手する必要があります。

まだお使いのPCにArgent Xがインストールされていない方は、こちらから入手できます。

ちなみにスマホ版アプリ「Argent for mobile」は、執筆時点ではStarkNetに対応しておらず(zkSyncには対応済み)今後統合予定となっているため、今回はPCでの作業を前提として進めてまいります。

日本語訳「本製品は開発者向けのalpha版製品です。今後のバージョンアップで変更される可能性があり、アカウントにアクセスできなくなる可能性があります。貴重な資産を保管しないでください。」

Argent Xを開くと注意書きが表示されますが、記載の通り執筆時点ではα版のプロダクトなので、ご利用の際はDYORをお願いするとともに、多額の資金を入れすぎないようにするなど防御力を高めた運用を心がけましょう。

上記の注意事項を確認したら、「I understand」をクリックし、その後「New wallet」をクリックします。

LUFTTOOLSを活用するなどして強固なパスワードを設定し、忘れないようにオフライン環境で保存した後「Create wallet」をクリックします。

ウォレットの作成が完了したら「starknet-backup.json」というファイルが生成されるので、こちらもローカル環境で保管しておきましょう。

以上で、MetaMaskのUIと同じような、Argent Xウォレットアカウント「Account 1」が作成されました。

アカウントの作成・インポートが完了したら、Goerli Testnetにアクセスしていることを確認します。

Deposit fundsの「Mint」をクリックして、上イラストの順に従って操作し、1,000テストトークン(1,000TST)を手に入れましょう。

2022年5月21日追記:
現時点ではArgent Xの仕様が変わってしまい「Deposit funds」が表示されなくなっています。
そのため、以下サイトから「Mint token」に任意の量(今回は1,000)を指定して『Mint』をクリックし、トランザクションに署名をおこなって$TSTを獲得してください。
https://argentlabs.github.io/argent-x/

出典:argentlabs.github.io/argent-x/

以上で、StarkNetのエコシステムに飛び込む準備が整いました。

mySwapを使ってみよう

ではここからは、StarkNet上に構築されたAMMサービス「mySwap」を、テストネット環境(Goerli Testnet)で使ってみたいと思います。

Swap編

まずはこちらから、mySwapのWebサイトにアクセスします。

出典:myswap.xyz

「CONNECT WALLET」→「CONNECT」をクリックして、先ほど作成したウォレット「Argent X」と連携しましょう。

そして、先ほど入手したテストトークン($TST:Playground Token)を、他のトークンへswapしてみます。

「Select Token 1」をTSTに、「Select Token 2」をtWETHにして、100TSTをtWETHへswapします。

今回は初めてmySwapでTSTを使うので、最初に「APPROVE TST」をクリックしてSign(署名)します。

しばらく待ってトランザクションが承認されたら、「SWAP」をクリックしてSign(署名)します。

次に、「Add token」をクリックして「Contract address」にtWETHのコントラクトアドレス0x2c03d22f43898f146e026a72f4cf37b9e898b70a11c4731665e0d75ce87700dをコピペして「Continue」をクリックすると、swapしたtWETHの残高が表示されるようになります。

ちなみに、執筆時点で他にswapできるtokenのコントラクトアドレスは以下となっていますので、ご参考ください。

  • tUSDC:0x44e592375a34fb4fdd3a5e2694cd2cbbcd61305b95cfac9d40c1f02ac64aa66
  • tCOMP:0x7f6e6a3b90ebe02190fba0269becaf8828b9219e92a7a041fa6da3ef11d0c6a

2022年3月13日追記:
Argent Xの大型アップデートにより、現在はデフォルトでtWETHが表示されるようになっています。

Add liquidity(流動性提供)編

先程のSwap編により、TSTとは別にtWETHが手に入ったので、続いてはこの2種類のトークンをAdd liquidity(流動性提供)してみましょう。

まずは、現在「SWAP」が選択されている状態なので、「POOLS」を選択します。

次に、「Select Token 1」をtWETHにして「MAX」をクリックし、「Select Token 2」をTSTにします。

Swapの時と同様、今回は初めてmySwapでtWETHを使うので、最初に「APPROVE tWETH」をクリックしてSign(署名)します。

しばらく待ってトランザクションが承認されたら、「ADD LIQUIDITY」をクリックしてSign(署名)します。

トランザクションが承認されると、このようにポジションを持つことができました。お疲れ様でした。

まとめ

今回は、いま話題となっているEthereumチェーンのL2ネットワークで稼働する「StarkNet」を、無料で体験してみました。

本記事が、StarkNet・Argent X・mySwapなどについて理解したいと思われている方にとって、少しでもお役に立ったのであれば幸いです。

執筆時点においては、筆者自身もEthereumのL2周りのアプリケーションについて、リサーチしながら触りつつ勉強している状況です。

今後も、EthereumのL2周りの情報は積極的に記事化していきたいと考えていますので、ご意見ご要望などございましたらお気軽にご連絡いただけると嬉しいです。

最後に、StarkNet・Argent X・mySwapなどについて

  • 聞いてみたいことがある
  • 分からない部分がある
  • もっと多くの情報が知りたい

という方は、Discordコミュニティ「イーサリアムnavi」にご参加ください!

イーサリアムnaviのDiscordコミュニティには

  • Solidityを勉強したい・既に勉強している
  • 開発に興味がある
  • NFTが好き・興味がある

といった方々がたくさん集まっており、日々NFTや開発に関する情報を共有したり、不定期で勉強会などイベントも開催しています。

また、Twitter・YouTubeでの情報発信にも力を入れていますので、合わせてフォローしていただけると幸いです。


今月のスポンサー:Yay! – WEB3時代のSNS「Yay!」でリサーチャー募集

Yay!

匿名コミュニティYay!がリサーチャーを募集中です。

誰もが素が出せて、フラットで、他人に寛容なバーチャルワールドを作っています。

この冬IEOを目指しています。一緒にサスティナブルな経済圏を作っていきましょう!

励みになるので、よかったらSNSなどでシェアしてください!

この記事を書いた人

最先端のCryptoネイティブなNFTプロジェクト、SolidityなどWeb3開発情報、その他Ethereum周りの情報などを中心に発信しています。

リサーチャーやアドバイザー含むお仕事のご依頼や、イーサリアムnaviに対する広告掲載など、お気軽にご連絡ください。

目次
閉じる